DMMモバイル/Yモバイル/楽天モバイル/UQモバイル比較

格安スマホおすすめ 格安SIM選びならこの4社でOk.どれが1番お得で使いやすい?

SIMカードロックについて

   

SIMカードロックとは

近年、スマートフォンの普及とともに、携帯電話会社以外の業種からもスマートフォン事業に参入してきています。しかし、以前では契約する携帯電話会社が販売する機種ではか選ぶことができませんでしたので、例えばAUと契約している場合、ディズニー携帯がどうしても欲しいとしたら、ディズニー携帯を取り扱うソフトバンクに乗り換えなければ、ディズニー携帯を手に入れることはできませんでした。これは、携帯電話会社各社が自社で販売し、利用者が契約した携帯電話でしか使用出来ないようにロックしているためで、通称、「SIMロック」と言われています。SIMロックは、一昔の携帯電話やスマートフォンではあたり前に行われていましたので、今ではアプル社のiPhoneは、ソフトバンク以外にもAUやNTTdocomoでも購入することはできますが、つい最近まではソフトバンクのみでしか取り扱われていませんでした。SIMロックが問題視されるようになったのは、iPhoneの取り扱いがソフトバンクのみで、iPhoneが人気となり始めると、AUやNTTdocomoを使用している人から不満の声が高まるようになりました。スマートフォンのiPhoneは、これまでの携帯電話とは違い、パソコンに近い性質を持っていました。一般的な携帯電話のプログラムは、携帯電話会社独自のものとなっていますので普通の人では仕組みを理解することは困難ですが、iPhoneはパソコンのOSであるMACOSが採用されていましたので、自分なりに設定をいじることができましたので、自分でiPhoneのSIMロックの解除を解読して、他の携帯電話会社のSIMでも使用出来るようにする人もありました。

SIMカードフリーとは

近年、スマートフォンの人気は非常に高いものとなっており、世界的にみてもほとんどの人がiPhoneやアンドロイドのスマートフォンを手にしています。そして、近年ではSIMフリーと呼ばれる携帯電話事業社にとらわれない携帯端末が人気となり話題となっています。これまで、携帯電話は、携帯電話会社で契約した機種しか使用することができないよう、SIMがロックされていました。しかし、通信事業の自由化が図られるようになり、基本的に携帯電話会社はSIMロックを解除するように求められるようになりました。これにより、SIMカードがフリーとなったスマートフォンが販売できるようになり、SIMカードのみを契約して、SIMフリーのスマートフォンで使用出来るようになりました。SIMロックが解除されたSIMカードフリーは、SIMだけを第二通信事業者と契約し、ここで今まで使用していたスマートフォンのロックを解除するだけでそのまま使用出来るようになったのです。また、SIMカードのフリー化により、スマートフォンの利用料金が一気に下がることになりました。現在、SIMカードがフリーとなっているスマートフォンは、アンドロイド系のみで、アップル製のiPhoneは携帯電話会社に依存されたままとなっています。しかし、iPhoneにおいても、契約する携帯電話会社に申し出ることで、iPhoneのロックを解除できますので、SIMカードがフリー化されたものを再利用することができます。ただし、ネット上にはIPhoneのSIMフリー化する方法があげられていますが、メーカー側は何の補償もしていませんので、面倒でもお店でロックを解除してもらうのが無難となります。

SIMカードロック解除の方法

今ではスマートフォンのSIMカードフリーは、当たり前となっており、NTTdocomoやAU、ソフトバンクといった携帯電話事業者からスマートフォンを購入しなくてもよくなりました。現在のところ、携帯電話事業者以外から提供されているスマートフォンは、最初からSIMカードがフリーとなっていますので、携帯電話としての契約を解除した後も、携帯電話やインターネットなどの通信以外の機能はそのまま使用出来るようになっています。また、同じSIMカードがフリーとなっているスマートフォンであれば、SIMカードがフリーとなっているSIMであれば差し替えることで、通信機能もそのまま使用出来るようになります。では、SIMカードがロックされている場合、どうしたらよいのでしょうか。SIMカードのロックを解除するための方法は、自分で解除する方法と、携帯電話会社の営業窓口で行う方法があります。ただ、基本的に自分でSIMカードのロックを解除することはできますが、携帯電話会社は補償していませんので、万一、自分でSIMカードロックを解除したことで、何らかの問題が生じたとしても補償の対象外となり、あくまでも自己責任で作業することになります。また、自分でSIMロック解除したスマートフォンを携帯電話会社に持ち込んで、正規のSIMロック解除を申し出ても受け付けてもらえないことがありますので、自分でSIMロック解除する場合は覚悟が必要となります。SIMロック解除を携帯電話会社で行ってもらう場合は、有料となりますが、あらためて契約する場合は無料で解除してもらえるケースもあるようです。

SIMカードロック解除のメリット

SIMカードのロックを解除してSIMフリーにすることは、今ではごく普通に行われることになっていますので、SIMカードのロックを解除することに躊躇う人は少ないのではないでしょうか。SIMカードのロックを解除することで、別の携帯端末にSIMカードを移し替えて利用出来るようになりましたので、これまで携帯電話やスマートフォンを変える度に行っていた、電話帳や写真などのアルバム、音楽などの情報を新しい携帯電話に移し替えなくてもそのまま流用できるようになります。また、古い携帯電話やスマートフォンも何も書かれていない白ロムと呼ばれるSIMを使うことで、電話などの機能以外を使うことが出来るようになります。特にスマートフォンの場合は、携帯電話としての通信が出来なくても、無線通信が可能なため無線LAN環境が使える場所であれば、音声通話以外では問題なく使用できるようになっています。このため、これまで携帯電話を買換えるごとにゴミとなっていた携帯電話ですが、スマートフォンであればカメラや音楽プレイヤー、無線通信によるインターネット閲機能として活用することができますので、レアメタルが多く使われている機器だけに、資源を有効に利用することができます。また、SIMカードのロックを解除できることで、携帯電話事業者にとらわれず、自分の好きなスマートフォンや携帯電話を使用することが出来るようになりますので、単なる通信機器ではなく、ファッションとしても有効なアイテムとなっていきます。

SIMカードロック解除のデメリット

旧来、我が国における通信事業は、日本電信電話公社(現在のNTT)が独占して国内通話を握ってきました。しかし、日本電信電話公社の民営化とともに電話通信事業の自由化が図られることになりました。通信事業の自由化により、電話事業よりもインターネットや携帯電話事業に多くの事業者が参入することになりました。携帯電話事業においてもNTTdocomoをはじめ、AU、ソフトバンクの大手に加え、Y!mobileやイオン、楽天、パナソニックなどが格安スマホや格安SIMに参入することになりました。格安スマホや格安SIMが今や主流となりつつありますが、格安スマホや格安SIMは、SIMカードのロックが解除されていることが前提となっており、今やSIMカードがロック解除されたSIMフリーは当たり前となっています。ただ、SIMカードのロックを解除することで、SIMカードを他のスマートフォンに転用することが出来るようになりますが、万一、スマートフォンを紛失した場合に悪用される恐れがあることを忘れてはいけません。SIMカードには、電話番号以外にもクレジットカードの情報が格納されていますので、クレジットカードの情報が漏れて第三者に悪用されてしまう危険性があるのです。これまでは、SIMがロックされていましたので、これらの個人情報が漏れる危険性は低いものでしたが、SIMカードがフリーとなり利便性の向上と差し替えに、リスクを負うことになったことを十分に認識する必要があります。このため、こうした危険性を認識している人の中には、あえてSIMロックを解除しない人も多くあります。

 

 

 - 格安SIMの基礎知識