DMMモバイル/Yモバイル/楽天モバイル/UQモバイル比較

格安スマホおすすめ 格安SIM選びならこの4社でOk.どれが1番お得で使いやすい?

格安SIMカードの市場

   

格安SIMカードとは

アップル社から携帯電話に代る次世代の携帯端末として販売されたiPhoneは、スマートフォンという新しい携帯電話のジャンルを切り開き、今や私たちのライフスタイルや携帯電話とは無縁であった産業にまで影響を及ぼすものになっています。現在、iPhoneをはじめとするスマートフォンは、自動車のカーナビ、カーステレオに家電製品の予約や遠隔操作など様々な製品と結びついています。ただ、スマートフォンがここまで普及するに至ったのには、格安CIMの存在は見逃せません。スマートフォンの特徴はアプリレーションを組み合わせることにより、携帯電話よりも遥かに自由度の高いものとなりますが、携帯電話の通信料が携帯電話の1.5倍と高く、通話料を含めると1万円を超えてしまいます。スマートフォンの通信料金が高くなっていたのは、人気のiPhoneがソフトバンク1社のみの扱いとなっていたため、スマートフォン市場はソフトバンクの独占と言っても過言ではありませんでした。そこに、低価格の通信料金で契約できるアンドロイドが登場し、iPhoneもNTTdocomoやAUでも扱うようになり、次第に通信料金が下げられることになりました。しかし、それでも月額7000円以上と高く、誰でも手軽にスマートフォンを所有するにはハードルが高いものとなってたりします。そこで、携帯電話事業者の回線を相乗りする形で、通信には欠かせないSIMのロックを解除して格安に提供できるサービスが始まりました。格安CIMは、携帯電話事業社を問わず使うことが出来ますので、これまで携帯電話事業者に縛られることなくスマートフォンを所有することができます。

格安SIMカードとキャリアSIMカードの違い

現在さらに拡大しつつあるスマートフォン市場ですが、アップル社のiPhoneとGoogleのアンドロイドOSを搭載したものに二極化しています。その中でも、アンドロイド系スマートフォンは、アンドロイドOSの使用権を世界的に公開しているため、iPhoneの独擅場であったスマートフォン市場に肉薄する勢いとなっています。また、アンドロイドは、携帯端末には必須であるSIMカードをフリー化したことで、通信使用料の価格を一揆に破壊することになりました。これまでiPhoneの1ヶ月の使用料が7000円であるのに対して、アンドロイドでは月額5000円台まで使用料が下がることになりました。さらには、アンドロイドのCIMカードがロック解除されてフリー化されていることで、通信に必要なCIMカードのみを提供するサービスが展開されるようになりました。CIMカードのみの提供は、開発に膨大な必要と時間がかかるスマートフォン本体の経費が必要とされないため、格安にCIMカードを提供することが出来るようになっています。格安CIMカードの登場により、さらにアンドロイドが普及することになり、中古のアンドロイドスマートフォンを割安に購入して、格安CIMカードを利用することで、月額1000円程度でスマートフォンを使用することが出来るようになっています。

ただ、格安CIMカードの場合、元々のスマートフォン本体や携帯電話事業者との相性が補償されていませんので、万一、不具合が発生しても自己責任となってしまいますので、ある程度こうした技術の知識がある人以外は慎重に選んだ方が無難と言えます。

格安SIMの市場

世界的な規模で拡大しているスマートフォン市場となっていますが、その原動力となっているのが格安CIMカードの普及拡大となっています。これまで、携帯電話の市場は、NTTdocoomoとソフトバンク、AUの3社となっていますが、携帯電話が全盛であった頃は、NTTdocoomoの独占でしたが、携帯市場にソフトバンクが参入してからは、通信使用料の価格が一揆に下がることになりました。しかし、スマートフォンの代表格で人気のiPhoneがソフトバンクの独占であったため、スマートフォンの使用料は、携帯電話の使用料よりも高額な設定となっていました。しかもiPhoneの通信に必要なCIMカードは、ソフトバンクがロックしているため、ソフトバンクとの通信契約を解除した途端に、iPhone全てのアプリケーションが使用出来なくなる状態となり、iPhoneをアプリのみで使用することは実質的に不可能となっていました。そこにCIMロックが解除されたアンドロイドよりも、iPhoneの形勢に変化が起こることになりました。しかも、CIMカードのみを提供する業者がスマートフォン市場に参入するや、格安CIMの市場が開花することになりました。現在、格安CIMはアンドロイドを中心に、各種産業界から格安CIMカード市場に参入してきています。現在、格安CIMカード市場には、インターネット通販のアマゾンや楽天の他、流通業のイオンやイトーヨーカド、家電メーカーのパナソニック、インターネットプロバイダーなど多くが格安CIMカード市場に参入し、低価格化が進んでいます。今後、iPhoneにおいてもCIMカードがフリーとなることで、さらに格安CIMカード市場が広がる見込みとなります。

格安SIMのメリット

格安SIMの登場により、飛躍的に成長している携帯端末産業ですが、今後はあらゆる分野の産業において携帯端末を活用した製品やサービスが展開されていくことが予想されています。現在、格安CIMカードのサービスが展開されているモデルは、アンドロイド系のスマートフォンが主流となっていますが、データ通信専用のモデムについても格安CIMを利用する傾向が強くなっています。格安CIMは、現在、様々な分野の業者からサービスが展開されており、使用料金や条件、サービス内容についても業者ごとにことなりますので、色々と比較検討してみることが必要となります。これまで、携帯電話やスマートフォンを利用するためには、ソフトバンクなどの携帯電話事業者と契約し、携帯電話事業者が販売する端末でしか機器を選ぶことは出来ませんでした。このため、カメラ機能が充実したスマートフォンが欲しくても、ソフトバンクにその製品がなければ他の携帯電話事業者を選ぶ必要があり、逆にiPhoneが欲しいのであればソフトバンクと契約することになってしまいます。格安CIMカードは、基本的に携帯電話事業者にとらわれずに自分が気に入った端末機器を購入して利用することが出来るようになります。また、現在使用しているスマートフォンのモデルが気に入っているが、使用料金が高額で乗り換えをしたい場合においても、格安CIMカードであればこれまで使用していた携帯機器にも使用することができるものとなっています。

格安SIMのデメリット

何かと便利なスマートフォンですが、その使用料金の高額に悩む人も少なくはありません。このため、スマートフォンのアプリを多用しない人などはガラ携帯である一昔の携帯電話に固執する人も少ない状況となっています。しかし、近年、携帯電話事業者に縛られずにスマートフォンが利用出来る格安CIMが巷で話題となっており、格安CIMカードがスマートフォンの普及の原動力にもなっています。これまで、スマートフォンなどの携帯顛末は、携帯電話事業者が利用品質の向上を図るため、中継基地の増設や電波の改良など携帯電話の普及に努力してきました。こうした設備投資にかかる費用は、利用者からの利用料金により回収することになるため、ある程度の使用料金は繋がる便利さと引き替えにやむを得ないことになります。ここで、格安CIMを提供する業者は、携帯電話事業者から回線を間借りして利用者に提供されており、格安CIM提供事業者は、設備投資なしで提供できるため安く利用者にCIMカードを提供できるものとなります。ただ、携帯電話事業者からすると自ら設備投資して伝播の品質改善を行った挙句、格安CIMカード提供事業者に利用者を取られては意味がありません。このため、携帯電話事業者が提供するCIMが優先して電波を受ける仕組みとなり、格安CIMカードでは場合によっては電波の使用量を制限されることがあり、十分な回線容量を確保できないことがあります。特に膨大なデータ転送容量を必要とする端末においては、格安CIMカードでは十分な能力が出ないことがあります。

 - 格安SIMの基礎知識